業者を選ぶ時の3つのポイント

画像

1.公認会計士の有無・スタッフの質は必ずチェック!

経理をアウトソーシングする業者を選ぶときに、その業者を「信用できるかどうか」は、何より重視すべき判断基準といえます。お金の動きを管理する経理は、いうまでもなく会社の経営を左右する重要な業務です。それを任せる以上、とにかく「早ければ良い」「安ければ良い」というわけにはいきません。正確に仕事をしてくれる、決算などに間違いがないと信じられる業者を選ぶべきです。ではそういった業者を見つけるためには、どのような視点を持てば良いのでしょうか。

その基準となる要素のひとつが、公認会計士がいるかどうかです。公認会計士は国家試験に合格しなければ得られない資格で、それを持った人物がいるというだけで、代行業者の信用度が高いという証拠になります。また、税理士や社会保険労務士など、資格を持っている従業員の有無や、スタッフの実務経験年数も判断基準になります。これに関してはウェブサイト上に提示している業者が多くありますので、それを確認することで信用できる業者かどうかを判断することができるといえます。

2.業務改善の相談や細やかな対応ができるか

経理を担当するということは、会社のお金の流れに関して誰よりも詳しく把握しているということを意味します。そのため、経理の責任者は、経営者から経営方針に関する相談を受けることが少なくありません。では、このような経営判断に関する部分については、経理代行を依頼した場合はどうなるのでしょうか。

たとえば、公認会計士が在籍している、あるいは、監査法人と提携している場合でも、最低限の代行業務や、決算報告書の作成支援などしか請け負っていない経理代行業者は数多くあります。また、経営に関して相談を受けているとしても、その対応が悪く、限定的にしか答えられない業者も多いものです。このような業者相手では、代行依頼をしていたとしても、なかなか踏み込んだ相談はしにくいでしょう。相談するにあたって、資料や証憑書類の送付の手間を考えると、なかなか時間が取れず相談できない、という場合もあり得ます。経理代行を依頼するときは、代行だけでなく、業務改善の相談が気軽にできるような対応をしてくれる業者を選ぶと良いでしょう。

3.対応してくれる業務範囲・契約の条件を確認する

もう一点、これは当たり前のことかもしれませんが、経理代行を選ぶ際にはその業者が「どこまで対応してくれるのか」も重要になってきます。そもそも対応しているエリアや企業規模も会社によって異なりますし、経理代行しか行わない場合もあれば、業務改善まで対応している場合もあるなど、その対応はさまざま。なかには、月々の決算に加えてその改善のためのポイントなどまで示してくれる会社もあり、経営者にとって強い味方になってくれます。また、株式上場やM&Aなど、企業発展の大きな転換や、その後のケアまでサポートしてくれる会社もありますので、依頼したい内容が明確な場合、細かく調べて検討する必要があります。

しかし、こういった観点で依頼先を決めようと思うと、自社の経営状態と問題点に関しても少なからず把握していなければなりません。もし問題点のあぶり出しから相談したい、という場合には、無料相談や面談会などを設けている会社もあるので、そちらに相談してみるという判断も考えられます。

TOPへ戻る